家づくりコラム

壁紙ひとつでもお部屋をおしゃれに見せられますが、少しアイデアを加えるだけでさらに印象を大きく変えることができます。
今回は、インテリアに華を添えてくれること間違いなし!壁づかいアイデア「ニッチ」のご紹介です。

★こちらのコラムもおすすめです。
実例からみるアイデア壁づかい~有孔ボード編~
ちょっと気分があがる。アクセントクロスの施工事例1
ちょっと気分があがる。アクセントクロスの施工事例2

ニッチって?



「ニッチ」とは、住宅の壁面にくぼみを造り、収納や飾り棚などとして使うスペースのことを指します。
後付けの棚とは違い壁の中に埋め込む形なので、動線の邪魔をせずに植物や花瓶、雑貨や小物などを思いのままディスプレイすることができます。


照明付きニッチ


美術館の展示スペースのように飾るものを際立たせたい。
そんな時はダウンライトを付けてみましょう。
照明が灯ることで飾り方のバリエーションが広がり、くぼみの奥行きをより深く見せることで空間を広く感じさせる効果もあります。
夜にはお部屋の照明を消して、ニッチの明かりだけで一味違った雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか。



キッチンカウンター下のニッチ


キッチンカウンターのダイニングやリビング側に設けるニッチは、みんなの目につきやすい場所です。
個性のあるマグカップやお皿などを並べてみたり、流行りの北欧雑貨を飾りテーブルクロスやランチョンマットも揃えてみたり、コーディネートの幅が広がりそうです。
写真では白い陶器に植えられたグリーンと雑貨が並べられ、ナチュラルテイストなお部屋の雰囲気をより居心地よさそうに演出しています。



マガジンラックなニッチ


何かと物が多いリビング。マガジンラックをニッチ収納にしてしまえば、本があちこちに散らばることがなくお部屋がスッキリします。
おしゃれな表紙の雑誌を並べておくだけで、そこが空間のアクセントに早変わり。
ダイニングテーブルで新聞や雑誌を読むことが多いご家庭なら、キッチンカウンターにマガジンラックを設けると使い勝手が良くなります。



便利な玄関ニッチ


置き場所に困るスリッパも、ニッチに収納することでディスプレイのひとつになります。
脱ぎっぱなしが解消され、いつ見てもキレイな玄関に。
置き場所が見えているので、手が離せなくてお出迎えできない時にはお客様自身で取って使っていただけます。
また目の高さにニッチを設けてキーボックスにするアイデアはいかがでしょうか。鍵の置き場所を習慣化して家族全員が共有できるので、どこに鍵を置いたかな?という心配がなくなります。

わが家だけのニッチを…

ニッチの良さは、何といっても気軽にインテリアを楽しめること。
物を置くだけでなく、ニッチ自体にも自分らしさを加えてみてください。

アクセントクロスをプラス

壁全体に使うとなると、色や柄があるクロスはなかなか勇気がいりますよね。
その点、ニッチ背面の小さなスペースであれば思いっきり個性的なクロスにチャレンジできます。
最近ではアクセントウォールが人気なのでおしゃれで攻めたデザインのクロスがたくさん出ています。



タイルをプラス


遊び心をプラスするにはタイルもいかがですか?
光沢のあるタイルなら清潔感もあり、キッチンや洗面所にもピッタリです。
LIXILのエコカラットなら、見た目のおしゃれさに加えて気になるニオイや湿気をとってくれるなど機能面でも優秀なタイルです。
デザインやサイズを豊富なバリエーションから自由にコーディネートできるのも魅力のひとつです。
何も置かなくても、絵画を飾っているように壁を華やかにしてくれます。



形をプラス


ニッチの形で一般的なのは四角形ですが、上部をアーチ状にしたり、家のシルエットのような形にしたり、ちょっと形を変えるだけでオリジナリティがでます。



まとめ


ひとつあるとインテリアのポイントになるニッチ。
効果的な場所や使い方を考えて、あなたのセンスが光るおしゃれなニッチをお住まいに取り入れてみてください!

★こちらのコラムもおすすめです。
実例からみるアイデア壁づかい~有孔ボード編~
ちょっと気分があがる。アクセントクロスの施工事例1
ちょっと気分があがる。アクセントクロスの施工事例2


家づくりコラム